湯〜ぱれあの水中運動について

水の特性を活かした水中運動は、健康維持に最適。プールに入るだけでも効果的です。

水の特性を活かした水中運動は健康維持に最適

浮力
体重による膝や腰への負担を軽減し、関節への過度な負担なく運動
抵抗
水中での動きのスピードにより、各自の筋力に合わせて負荷が変化
水圧
全身への適度な水圧により、血行促進・心肺機能向上が自然に図れる
水温
体温より若干低い状態でエネルギー消費を促進、循環機能の向上

水の特性を生かした効果的な運動で、健康力アップを図ります。

水中運動プログラム監修 筑波大学名誉教授 医学博士 野村武男先生

筑波大学水泳部総監督を務める傍ら、高齢者や要介護者の機能改善・回復のための水中運動プログラムを策定し、普及活動を続ける第1人者。現在はNPOアクアライフ研究所理事長。湯〜ぱれあの水中運動プログラム監修。

水中運動プログラム監修 筑波大学名誉教授 医学博士 野村武男先生
  • 新着情報
  • 水中運動について
  • 水中運動プログラム
  • 高齢者福祉プログラム
  • 親子向け教室 おひさまクラブ
  • スタッフブログ 湯〜ぱれあに寄ってけや
  • このページの先頭へ